top of page
  • kdetafile

新しいインフルエンザ検査機器nodoca導入について

マスコミ等でご存知の方もいらしゃると思いますが、12月25日にアイリス株式会社のnodocaを導入いたします。これは鼻や喉から菌を検出するものではなく、喉の奥の状態を写真撮影し、AIが診断するというものです。ただしA型、B型の診断は不可能であり、COVID19など他の原因の検査はできません。また喉をしっかり見せていただけないと検査ができません。これを使用する方については、しばらくの間、医師の判断により行い、また不可能な場合は、これまでの綿棒を用いた検査を行います。また12月23日に当院では5名のCOVID19患者さんが発生しております。当面の間は、コロナとインフルエンザの検査を並行しておこなうことが多くなりますので、nodocaのご希望に添えない場合や、nodocaと鼻の検査を同時に行うこととなりますので、ご了承ください。


なお、この検査はインターネットにてアイリス社のAIと接続し診断が行われます。その際に画像をアイリス社に送信いたしますが、匿名加工を行った上で送信いたします。またこの画像が蓄積されて、さらにAIが進化するため画像はアイリス社にそのまま提供いたしますが、匿名加工のまま提供いたしますので、ご安心ください。詳細は添付資料をご覧ください。








最新記事

すべて表示

2月27日(火)の診療について

2月27日(火)は、会議出席の為、18時ぴったりに診療を終了する予定です。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

2月24日(土)の休診について

2月24日(土)は、職員研修のため休診といたします。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

2月16日の診療体制について

2月16日(金)も、スタッフのご家族の体調不良が数名生じたままであり、スタッフが不足した状態で診療を行います。受付・会計等に時間がかかってしまう場合があります。また発熱外来を行うことが困難な場合、コロナ・インフルエンザが疑われる方の診察をお断りする場合があります。また状況により診察時間の短縮や早期受付終了となる場合があります。現行の制度では、スタッフの労働時間について制限が生じてしまうため、上記に

bottom of page